走れるパンプス痛くない

日本人の足の形にあった日本製のパンプス

仕事に通勤にプライベートにパンプスがかかせない私は、今流行りの走れるパンプス痛くないが必需品です。


いままでのパンプスは1日中履いていると帰宅する前から足のむくみや疲労で足が痛い〜んですよね。

 

最悪歩けないなんと事は絶対に避けたいとずっと思っていましたから。
でも走れるパンプスを知ってからは足の快適性が大きく変わりました。

 

秘密は走れるパンプスというところだと思いました。
マラソンシューズとまではいきませんが普通のバンプスに比べたら低反発と幅広からくる足のゆとりが感じられました。

 

ああ足がらくだって感じです。

 

そんなパンプスを販売しているのが 「シューズイン神戸」 です。

 

パンプスのサイズは22cm〜25cm対応でカラーも14色とたさいです。

 

サイズによっては品切れのものあるのでシューズイン神戸を覗いてみてくださいね。
のぴ〜る素材と幅広のパンプスが人気の理由がわかりますよ。
≫私の走れるパンプスはこちら

ネット通販できになるサイズ交換は1回のみですが、往復の送料をシューズイン神戸が負担してくれますし、また、異なる色や商品への交換もしてくれるのは、さすが専門店だなと思いました。

 

※サイズ交換と送料無料サービスは、税別5,000円以上の靴を購入の場合です。

 

片方150gと軽量でもちろん防水機能も充実・・・

 

アーチクッション採用でさらに足裏へのフィット感も充実で、つま先は、吸汗性の高いメッシュタイプです。

 

日本製で、百貨店やアパレル専門店等でも認められた品質の高さはさすが 「神戸の靴」 専門店だなと思いました。

 

どんな靴でも1日中履いていると痛い。

 

お休みの日にお家にいてスリッパやはだしでくつろいでいる時には足は痛くないんですよね。しかし靴を履くと足が痛い。

 

これはさけようがありません。

 

でも中学校の時にはいた上履きはあまり痛くなかったような気がしませんか?ゴムと布でできた上履きのようなバンプスが走れるパンプス痛くないと思いました

 

 

 

足のサイズはどうにもならないわけ。

 

足のサイズは個人差がかなりあると思います。かかとの細い方や足の甲が高い人や幅広の人などです。

 

これは個人ではどうすることもできません。無理です。

 

この解決法はオーダーメイドで靴を作るしかありませんね。規制品の中から選ぶ場合は靴に対して足の何処かの部分を犠牲にするしかないです。

 

私はかかとの部分が細かったので靴を探すには苦労しました。
結局かかとを犠牲にして靴やバンプスを履いていました。

 

走れるパンプス痛くないもかかとはすき間がありますがいままでにないパンプスの柔軟性でカパーしている感じです。

 

パンプスで足が痛いあなたには中学校の時に履いていた上履き感覚で履ける走れるパンプス痛くないを試してみるのもありだと思いましたよ。

足は、なぜむくむのかな?

 

仕事で一日中立ったままの方や、デスクワークで座りぱっなしの方に多いあしのむくみ・・・
夕方になって靴がきつくなる、という方は案外おおいのではないでしょうか?

 

このような 「むくみ」 は女性によく見られる症状のひとつです。

 

むくみは血液の循環とかかわりが深く・・・

 

心臓が動くことで、体内に血液は動脈を通して水分や栄養分を細胞へ供給する役目を果たしています。
同時に、細胞内で不要となった水分が、静脈やリンパ管に戻ってきて再び体内を循環します。

 

が静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態が 「むくみ」 です。

 

むくみの原因

 

一過性のものとと、血管や肝臓、腎臓、または心臓の障害による何らかの危険サインである可能性があります。

 

(1)長時間の立状態

 

長い時間立っていると、重力により血液は足に溜まってしまいます。そうなると静脈は圧が高くなってしまい、戻ってくる水分を受け入れることが難しくなってしまうので、
立ち仕事をしている方の足がむくみやすいのは、このような原因です。

 

(2)運動不足による冷え性や血行不良
足の筋肉は収縮することにより血液を循環させるポンプの役目を果たします。運動不足によって足の筋肉が衰えると、そのポンプ機能が低下しまい足に水分が溜まりやすくなってしまいます。

 

そして足先の毛細血管まで血液が潤滑に流れなくなり、冷え性や血行不良を伴うむくみが起こります。

 

(3)水分・塩分の摂り過ぎ
水分や塩分を採り過ぎることにより、血液中の水分が増えてしまいます。それにより余分な水分が留まりやすくなり、むくみの原因に・・・

 

このように、むくみには本当にさまざまな原因が考えられます。
足のむくみには、マッサージやツボ押し、足枕、足湯などのセルフケアも有効です。

足のむくみ対策でツボを押してみよう

 

むくみの解消法としてツボを押すといい・・・
という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
。。

 

ここでは、足のツボをどのように押したらいいのか紹介します。

 

足裏 「湧泉」

 

足裏の中指の下で、土踏まずの少し上のところにあり両手の親指で、少し強めに湧泉のツボを押します。

 

ツボ押しを約5秒続けたら、5秒休むといったような指圧をします。

 

また湧泉は、万能のツボでもあり、足のむくみのほか、肌荒れ、便秘、筋肉疲労回復などにも効き目があるとされています。

 

足三里

 

ひざの皿の下、外側にあるくぼみに人差し指を置くとちょうど小指のあたりのところにあるツボです。

 

指を使って、数秒押します。がこのとき自分が痛気持ちいいな感じる強さで押しましょう。
また足三里は、足のむくみのほか、胃腸の回復にも効き目があるとされています。

 

三陰交
内くるぶしから指幅4本分上がったところにあり親指の腹で、弱めに数秒押し、数秒休むというようにして押します。これを数回繰り返す。

 

三陰交のツボは、足の血行を促すため、足のむくみのほか、便秘や生理痛、生理不順など女性特有の症状にも効き目があるとされています。

 

足心

 

足裏のちょうど真ん中のところにあり両手の親指で足心のツボを押します。
家に青竹踏みやゴルフボールなどがあれば、さらに押しやすくなります。

 

足心は、腎臓の働きをよくして、体内の水分量を正常にする効き目があるとされています。

 

まとめ

 

毎日、履く靴だから靴づれや足のむくみにも柔軟性を発揮してくれる走れるパンプス・・・

 

見た目も上品で普通のパンプスと変わらないのも魅力でした。

 

靴のことでお悩みなら一度走れるパンプスを履いてみるのもいいと思いました。